施工中の様子

建築中の様子をお伝え

現在進行中の工事状況や、これまでに完了した工事の流れ。あなたのプランの参考に。

H様邸増改築工事

出雲市.H様様邸/2015/3/14完成予定

02月23日内装木工事

断熱工事が終わり、
天井、壁のボード張り。床のフローリング張りが進んでいます。
建具の枠も取りつき部屋の形が出来上がって来ました。
後は天井壁のクロス貼りを行い、器具を付ければ完成です。

無機質だった現場がだんだんと鮮やかになって行くのは
工事をしていても楽しくなります。
今回はお客様住みながら工事なのでお客様も楽しんでいただいたいます。

すべてが終わり養生を剥ぐのは3月はじめになります。
この瞬間はちょっと興奮しますよ。



02月01日断熱工事

増築部分の断熱工事。
リビングと寝室となる部分は断熱と防音効果を高めたいとの希望でしたので
壁、天井断熱は硬質ウレタン吹付工事を行いました。

外壁下地、天井上に仮天井下地を作りそこにウレタンを吹付ました。
これにより断熱効果はもちろん、気密性も高くなります。

ちなみにここは2階部分。階下への防音工事のため
この後、床下遮音ボードを敷き詰めてからフローリング張りを行います。

快適な居住空間が次第に仕上がって行きます。

01月09日棟上げ

大安の本日、H様邸増改築工事の棟上げを行いました。
まずは棟梁により塩、梅干し、日本酒で建物四隅を清めて工事を開始します。
気持ちの問題なのですが、建築にはこのような安全や繁栄を願う神事が
今でも残っているのです。

棟上げとは読んで字のごとく屋根の一番高い部分の棟木を上げること、
今回は写真撮影のため大工さんに張り切って『かけや』で叩いてもらいました。

改装がらみの増築のため解体しながらの建て方なので本日は総勢8名での工事、
天候にも恵まれ予定以上に工事は進み無事棟上げは終了いたしました。

01月07日瓦下ろし

年が明けて本格的に作業を開始しました。
まずは屋根の瓦下ろしを行います。
しかし当日朝は小雨模様。
瓦を剥いで雨が漏ってしまっては困るので作業を行うか検討。
雨雲レーダーではこの先雲がなくなって行くので
職人さんとしばらく缶コーヒーを飲んで待機。
読みが当たり雲がだんだんと薄くなって来ました。
足元の安全を確認して作業開始。
そのうち薄日もさしてきました。
新年早々運は良さそうです。

12月06日基礎工事

以前着工前現地確認を行ったH様邸、
いよいよ着工いたしました。

まずは増築部の基礎工事を行うため丁張と呼ばれる
基礎の位置出しを行いました。
年またぎの工事になるため年内は基礎工事まで
年明けから屋根をはぐって工事を進めます。

春には完成予定。寒さに負けずにがんばります。

10月20日現地確認

こんにちは 遠藤です。

今日は来月着工する現場の現地確認に、営業、インテリアコーディネイターと共に3名で出かけてきました。

これは図面、打ち合わせ事項を実際に現地で確認行い、施工体制を整えるために行っているものです。

今回は天井裏の梁の状態がポイントとなるため私は天井裏へと潜入。

写真に写っている、松の木を側面だけを平らにした梁。私たちは野物とか、たいこ落としと呼ぶ材料ですが、ほかの四角い梁よりも高さが高くなっているところが今回の注意ポイントでした。

足元に気を付けながら野物に近づき高さを確認。

これらのことを行い、図面と現地を頭の中に入れたのち、後日業者さんたちを呼んで現地で打ち合わせを行い着工へと進んでゆきます。

リフォームって今ある家にあわせて工事を行うので このような事前確認、打ち合わせが重要になるのです。

大変な仕事ですが、新築とは違い各所の納まりを考えるのって難しくて楽しいですよ。