施工中の様子

建築中の様子をお伝え

現在進行中の工事状況や、これまでに完了した工事の流れ。あなたのプランの参考に。

T様邸リノベーション工事

松江市.T様邸/平成29年9月19日完成予定

08月08日塗装工事

内部・外部とも工事が順調に進み、塗装工事に入りました。
内部では、リノベーション工事前は隠れていた梁をアクセントとして出しています。
梁は塗装に入る前にきれいに磨いてから着色しています。
外部では、目地防水処置を施したのち塗装をしています。
外壁色は、工事前と大きく差が出ないような色選定をしておりますが、まったく同じ色には
なりません・・・難しいです(*_*)
明日には外部足場も解体し、お盆に入ります。

07月29日断熱工事・外壁工事

外部工事が進んできたところで、内部では断熱工事をします。
今回は、壁・天井とも高性能グラスウールを使用しています。
外壁工事では左官さんによるモルタルの中塗り~上塗りが行われています。

07月21日外壁工事

内部ばかり進めていてはいけません・・・外壁工事です!
リノベーション工事では外壁工事といっても、モルタル塗り・サイディング張り・トタン張り等の様々な仕上げがありますが、今回は既存部分に合わせるためモルタル塗りとなりました。

まずは下地。
あらかじめ大工さんに打ち付けてもらった木下地にアスファルトフェルトを張ります。
次にラス網張り。
網状になった製品をタッカー(ホッチキスが大きくなったような工具)で細かく留めつけます。
あわせて力骨(やや太い針金)も取り付けています。

いよいよ下塗り。
左官さんによるモルタル塗りは3~4回に分けて塗っていきます。
下塗りはラスが見えなくなる厚さでモルタルを塗り、表面はあえて木ゴテで仕上げます。

07月14日構造補強~サッシ取付~天井下地

床組が終わり、足元が安定したところで、まずは構造補強。
梁の寸法を確認し、補強が必要なところに梁補強!
開口部以外で、新たな壁が出来たところに柱新設+筋かい補強!
実は・・・営業さんが計画図面を書いたときに合わせて構造計算をしていて、その結果に基づいて補強をしています。・・・・・・・私の独断と偏見ではありません!

次にサッシ取付。
リノベーション工事において、一番重視したいのがサッシ!
なぜなら、家の中で熱の損失が一番大きいのが窓部分と言われています。
ですので、可能であれば性能にこだわってサッシを選ぶと冷暖房費の軽減にもつながります。

続いて天井下地。
こちらは仕上げの下地となる石膏ボードの寸法にあわせて割り付けをしています。
天井が下がってこないようにしっかりと固定しています。

07月08日床組開始

床下部分は防蟻処理を行った後、防湿シートを敷いてから床組を行いました。
リノベーション工事では可能な限り下地を取り替えて、補強をしながら工事を進めます。
床束も改修前は木材でしたが、鋼製束に取り替えています。
床の下地になる合板も、近年の新築工事でよく使用されている厚い構造用合板にしています。

07月01日内部解体工事

内部の解体状況です。
小屋裏からは形の良い梁が出てきました。
床下は状態が良いです。

06月17日外構解体工事

今回工事をさせていただくお宅は、建物のリノベーションとあわせて駐車場の増設もあり、初めに外構の解体工事から着手することとなりました。
外構の仕上げは工事終盤に行いますので、とりあえず下地の砕石敷きまで・・・