本文へ移動

After1

雲南市/K様邸

ご家族
ご夫婦
費用
500万~1000万円
工期
約3か月
施工内容
  • 水廻り一式取替
  • リビングサッシ取替
  • 和室→洋室にして寝室に
  • 風呂の御影石を残して飾り棚のニッチへ

ご要望

  • 使えるものは残したい
  • 現在のお風呂は寒いけど御影石はとても気に入っていた。子供達も「温泉みたい~」と気に入っていた
  • LDKに残ってしまう柱は我が家らしいアクセントにしたい&テレビを置きたい&観葉植物を垂らしたい!
  • 奥の物置になっている部屋をすっきりとした寝室にしたい
  • キッチンは西日が強いので考慮が必要
  • ダイニングでは書き物をしたいので照明ははっきりとしたものが良い

ご相談のきっかけ

平日はお仕事、週末は本宅へ帰り農業をされているK様。本宅で過ごそうと思うときにダイニングやキッチンの使い勝手が悪く、お風呂や洗面所が寒くて不便に感じておられました。農業で忙しい時期を避けて打ち合わせをしっかり行い、本格的な冬が来る前に暖かいお部屋で過ごせるようリフォームをすることになりました。

施工後の変化

  • 限られた予算の中で優先順位をつけてご提案。いつもいるリビングはサッシも取替て断熱施工を施しました。
  • 寝室になる洋室は最低限の改修ですが、内窓サッシを取り付けて温かくすることになりました。
  • キッチンは念願の対面式キッチンに。こじんまりとしたLDKなので広く見せるために換気扇の壁は除き解放感あふれるキッチンになりました。
  • お風呂の御影石は慎重に解体して保管し、石屋さんで磨いてもらってニッチの棚に生まれ変わりました。お客様が来られた時に一番に目に入る位置にあるのでリフォームの思い出となりました。
  • LDKの残ってしまう柱はK 邸の司令塔のように電話や充電スポット、TV台やごみ箱収納としてお役立ちする収納棚になりました!

図面

担当者からのコメント

「営業より」
お客様が大変打ち合わせに協力的でしっかりご検討いただけたと感じます。LDKにはしっかり予算をかけて、他削れるとこは削ってメリハリのある予算配分ができたのではないでしょうか。柱が残るデメリットをメリットに変えることができてよかったです。

「工務より」
築年数のある骨組みも大変立派なお家でしたが、ご家族構成の変化に伴い使いやすい間取りをということでの今回のリフォームでした。今までとても大切にお住まいなさっているのがわかりましたので工事に神経を使いましたが、良い仕上がりとお褒め頂きとてもうれしかったです。

「コーディネーターより」
素敵な御影石のお風呂の思い出を残す為に玄関にニッチを作ることをご了承いただき嬉しかったです。残ってしまう柱を生かす為に打ち合わせさせていただいたときにとても盛り上がって「集中制御室!」と名付けさせていただきましたがご活用いただけると大変うれしいです。
TOPへ戻る