本文へ移動

After1

松江市/M様邸

ご家族
ご夫婦
費用
1000万~1500万円
工期
約3か月半
施工内容
  • 一部設備交換
  • 断熱改修
  • 内装・照明やり替え
  • バリアフリー施工
  • 外壁塗装
  • ストックヤード改修

ご要望

  • 対面キッチンにしたい
  • 無垢の床にしたい
  • 収納もできる畳コーナーが欲しい
  • 断熱をしっかりしたい
  • 箪笥置き場が欲しい
  • 扉1枚取付けたニッチが欲しい
  • 既存物入の扉をマグネットが付くようにしたい

ご相談のきっかけ

家に傷みが出てきたり、キッチンやお風呂の設備が古く掃除が大変だったため、ずっとリフォームしようと考えておられたM様ご夫婦。弊社の見学会に来てくださったのがきっかけで、リフォームをすることになりました。

施工後の変化

  • DKを狭くしたくないけれど対面キッチンにしたい!という奥様のご希望を叶えるべく、L字型のキッチンを採用しました。家電収納と冷蔵庫も寸法を微調整しながら施工しました
  • リビングには杉板を採用しました。和の雰囲気も残しつつ、温かみのある空間になりました
  • 窓側には畳コーナーを計画しました。下はカーペットをしまっておけるようにオープン収納にし、腰かけて読書を楽しむこともできるように高さも調整しています。
    ・断熱のため内部改修範囲外の窓もガラス交換や内窓施工をしています。リビング側は西日が強く、近くに幼稚園もあるため遮熱と遮音も兼ねてペアガラス+内窓施工をしています
  • 将来的に1階の生活にするため和室を寝室とし、床の間と床脇を箪笥置き場にしました
  • キッチン腰壁に小物や本が飾れるニッチを作りました。扉を1枚つけて片方を隠せるように施工しました
  • 以前の物入は再利用し、扉に料理レシピやカレンダー等がマグネットで貼れるように製作しました

図面

お客様の声

  • スペース確保のためにキッチンをL型にしましたが、キッチンに立つとシンクもコンロも冷蔵庫も近く、料理をするときに最小の動線で動けるようになり使いやすいです
  • キッチン前のカウンターは、作った料理を一時的に置いておけるのでとても便利です
  • リビングの床を杉板にして良かったです。傷はつきやすいけれど、暖かく気持ちが良いのではだしで過ごしています
  • もともと掃き出し窓だったリビングの窓を腰窓に変えましたが、彩光が十分にとれて良かったです。ペアガラスと内窓のおかげで夏の暑さも以前より少なかったです。

    と、嬉しい感想をいただきました。

担当者からのコメント

担当営業より
M様がお家の夢や要望を具体的に色々考えておられたので、とても充実した打合せができました。その結果とても良いリフォームになったかと思います。ありがとうございました。

工務担当より
今回の工事はご夫婦共にこだわりポイントがあり、ご主人は段差を巧みに活用して収納力と日当たりを両立した居心地の良いリビング、料理名人の奥様は機能的なシステムキッチンとそれぞれの思い入れをお持ちでした。喜んで頂けるか?神経をつかう工事でしたが、最後には笑顔で引き取って頂き大変嬉しかったです。ありがとうございました。

担当コーディネーターより
お料理上手な奥様が「居心地がよく、ずっとキッチンにいます」とおっしゃられていて、ご主人に毎日おいしいお料理をふるまっている姿が浮かびました。今後はソファも置く予定とのことで、新しくなったお家でより心地よくご夫婦仲良く過ごしていただけることと思います。またショールームイベント等でお会いできる日を楽しみにしています^^ありがとうございました。

TOPへ戻る